この記事は793文字約2分で読めます

ZabbixでElasticsearchのクラスタを監視したい、したくない?

Elasticsearchのノードを先日1つ追加しましたので、ちょい傾向とかを確認しようと思いZabbixで監視できるテンプレートとかを作ってみました。

Elastic_zab

Table of Contents

使い方

Elastic_zabに同梱しているelastic.shをZabbixサーバのexternalscriptsディレクトリに配置します。実行権限もZabbixユーザにします。

$ git clone https://github.com/tubone24/Elastic_zab

$  cp -p Elastic_zab/elastic.sh /usr/lib/zabbix/externalscripts/

$ chown zabbix. /usr/lib/zabbix/externalscripts/elastic.sh

$ chmod 751 /usr/lib/zabbix/externalscripts/elastic.sh

Zabbixにテンプレートをインストールする

Zabbix画面の設定のテンプレートからelasticsearch_zab.xmlをインポートします。

img

うまくインストールできれば、テンプレート一覧にElastic clusterが出現します。

img

Elasticsearchのノードにテンプレートを当てる

Elasticsearchのノードにテンプレートを当てます。

img

合わせて、ElasticsearchのIPとポートをマクロで設定しておきます。

img

設定するマクロは以下の2つです。

  • {$ESIP} = ElasticsearchのIPもしくはDNSネームを設定します。
  • {$ESPORT} = Elasticsearchのポートを設定します。

監視する

うまく監視できるとこんなグラフができます。

img

おまけ Zabbixの予測関数を使ってみた

いくつかの監視アイテムはforecastやtimeleftといったZabbixの関数を利用しています。

予測は線形としています。

予測値はトリガー設定していないのでお好みでトリガーを設定するのもいいのではないでしょうか。

img

こんな感じで計算アイテムで簡単に実装できるのが魅力ですね。

tubone24にラーメンを食べさせよう!

ぽちっとな↓

Buy me a ramen