tubone

tubone

Boyaki makes a new world


 Recent posts  6 / 56

NovDecJanFebMarハロウィーンはえちえちでチンパンジーなイベントじゃない。GitHubと向き合うイベントだ昔ながらのラーメンたべたい珠玉の一杯。たくさん残業した日はこのラーメンを食べろ!docoptはNimでも使えたのお話GitHubに草を生やし続け90日が経ったので感想を書くGoでAWS Lambdaを動かして、GitHubAPIv4(GraphQL)を叩いてみた感想Hadoopゾウさんについて本気出して考えてみたNuxt.jsでparticles-bg-vueを使うNuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast編)くろおびらーめん with チャーシュー飯Nuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast Global Option編)Nuxt.js + Composition APIでVuexのStateをReactiveに使う方法【初学者】Juliaを使って円周率を求める初めてプログラミングをした時のゴミソース見つけた面倒なことはPythonにやらせよう@GitHub API v4を使ったリリース実績取得Gatsby.jsで作ったブログに読み終わるまで○○分を追加した話Blog用に新しいLogo作った話今年1年を振り返ってGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査するGatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会AWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するElixirでパラレルな負荷試験ツールを作るNEW GAME!から見る新入社員の心得その1NEW GAME!から見る新入社員の心得その2MonWedFri
NEW GAME!から見る新入社員の心得その2NEW GAME!から見る新入社員の心得その1Elixirでパラレルな負荷試験ツールを作るAWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会Gatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させる


 SearchBox

Search your interesting by Algolia in this blog.


 All 149 Tags

ぼやき 20JavaScript 12GitHub 7ラーメン 6Vue.js 6TypeScript 6デブ活 5Nuxt.js 4React 3Serverspec 3Auto Provisioning 3Ansible 3Mac 3AWS 3自動テスト 3Gatsby.js 3Python 3GitHub Action 2toast 2ChromeDriver 2CompositionAPI 2Netlify 2Go 2Lambda 2GraphQL 2Write Code Every Day 2Chainer 2NEW GAME! 2新入社員 2アニメ 2機械学習 2Sentry 1監視 1草 1weed 1CI 1Netlify Form 1健康 1Contact Form 1Travis 1天下一品 1腰痛 1Gatsby 1E2E Test 1Selenium 1GoogleChrome 1Azure Devops Build Pipeline 1netatmo 1台風 1IoT 1センシング 1Google Apps Script 1API FLASH 1SlackAPI 1Clasp 1Headless CMS 1Jest 1Unit Test 1Slack 1Stamp 1ハロウィーン 1昆布 1Hadoop 1ゾウ 1Googleデータポータル 1AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル 1資格 1勉強法 1BI 1particles-bg-vue 1particle 1Proton 1particles.js 1Google Analytics 1仮想化 1チャーシュー飯 1ギター 1DTM 1エフェクター 1ATELIERZ 1Caparison 1VOCALOID 1かわいい 1恐竜時代 1ことり隊 1早稲田 1Estimated Reading Time 1あと何分 1Logo 1SVG 1E2Eテスト 1Nightwatch.js 1JSON Resume 1GitHub Pages 1Resume 1CV 1Nim 1docopt 1CLI 1Hyper-v 1metasploitable 1powerShell 1test 1particle.js 1RNN 1LSTM 1Chat BOT 1アイマス 1デレマス 1modules 1Julia 1円周率 1初心者 1The Gauss–Legendre algorithm 1Leibniz formula for π 1GitHub API v4 1リリース実績 1Server 1Seti@Home 1Frontend 1Web Developer Roadmap 2020 1Elixir 1Load Test 1X-Ray 1Datadog 1APM 1Zabbix 1Elasticsearch 1forecast 1GitPitch 1GitHub Badges 1Azusa Colors 1Echo 1Jaeger 1ボトルネック調査 1振り返り 1ひなこのーと 1Deep Learing 1OpenCV 1GitHubAction 1CNN 1分類学習 1顔認識 1Composition API 1Vuex 1ストアパターン 1React Calendar Heatmap 1R言語 1kddcup99 1
この記事は182文字約0.9分で読めます

(過去ブログからの移転した記事です)

AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナルに合格しました。

inmg

毎度このたぐいの試験は落ちてもお金が失われる(大事)以外、さほど痛手もないので、準備不足ぎりぎりを攻めるのですが、今回は特にぎりぎりだったので記事にします。

Table of Contents

前提

筆者は業務でAWSを使ってます

なので全く触ったことがない人にはあまり参考にならないかもです。

が、プロ資格ともなると知らないことばかり問われます。

そういった意味では初学者でもある程度参考になるかと。

ちなみにオンプレの知識はそこそこあり(仮想化、ストレージなど)、ネットワークの知識もCCNA程度ならあったりします。

わからない問題はとりあえず培ったオンプレ知識からつぶしていく。

そう言ったやり方もあると思うんです。だってブラジルの人…

ここからはポエムです!!!


経緯

どうして取ろうと思ったのか。

  1. AWS認定ソリューションアーキテクトのアソシエイトの有効期限が切れかかってたから。(~2019/01)
  2. 周りが取ってて恥ずかしくなったから
  3. 今年度中に取るとえらい人と酒の席で約束してしまったから

学習まで

なんか、忙しさにカマケて全く勉強せず。

実は1ヶ月くらい前(re:Invent直前)に取ろうと思い申し込んだものの疲れすぎて試験ブッチ。

嗚呼、30000円。

学習開始

普段は寝て過ごす土日。

前日の土曜日くらいは「やらねば。」と風立ちぬならぬ、床立ちぬ。

この時点で11:30

家でやるのもあれなんでルノアールへ。

腹も減ってたのでトーストを食い、試合開始。

この時点で12:30

img

学習方法

まずはホワイトペーパー読もう!と言いたいところだが、ホワイトペーパーなんて読む暇はない。

じゃあどうするか。

それを今から書く。

学習1 頭に問題をぶち込め

海外の自己学習ブログ兄貴のサイトJayendra’s Blogをまず読め!

読むというより、それぞれのセクションの最後の方に問題がある。それをGoogle翻訳にかけてひたすら解け!

明らかに間違ってる気がしたら下のコメントを確認する。だいたいの兄貴達は自分と同じ意見を持ってる。

すばらしいことにJayendra’s兄貴は律儀にコメントを返してくれてる。それを読んで腹落ちしろ!

これを8時間行うと、すべて目が通せる。

ここまでで20:30

そろそろお腹も空いてきたので場所を変えよう。

img

学習2 問題を解け!

さぁ、ブートキャンプも中盤だ。

おまえはこれから、ソリューションアーキテクトプロフェッショナルの質問が来たら0.5秒で回答するロボットになるんだ。

反射神経で問題を解くのだ!

同じJayendra’sブログに戻り今度は問題を読んですぐに回答する練習をする。

やっていくと段々「リアルタイム… あっKinesis」と回路がつながる。とにかくその状態まで持って行け!

ただ、すべてを暗記するのはあれなので、優先度をつけることが肝心。

私はこんな感じの優先度にした。(やらないことを決める)

参考にどうぞ。

  • Direct connectはその場で解く。なぜならオンプレの常識でなんとかなるから。最低限の用語だけ押さえる。
  • スケーリングの問題とDRの問題もその場で解く。こちらも常識で何とかなる。が、問題がスケーリングを求めてるのか、DRを求めてるのか、どちらを求められてるのか理解する意識を持とう。

もうここまでくると、ベストプラクティスを考えずに人から教わったベストプラクティスが秒で出てくる身体になってるはずだ。

ここまでで22:00

imgh

学習3 終盤は落ち着いて問題に向き合う

とはいったものの、人間の知識というものはそこまで大したことはない。関連づけのない整理されてない知識はすぐとぶ。

IAM関連は特にややこしいので暗記したところで問題の本質をとらえないと答えにくい。

そういった次元まできたら、ここで初めてホワイトペーパーを読む。

ただ、これもJayendra’s兄貴のブログに抜粋されてるのでこちらを読む。

ここまでで24:00。もう寝よう。

学習4 もういちど問題を解く

朝がきた。9:00だ。

起きる気がしないのでニコニコ動画でも見る。

久しぶりにサンキューユッキが見たくなった。

お嬢総集編を見た。

あら^~

ここまでで10:00

やばい。問題を解かねば。

とりあえずルノアールへ。

同じように、ひたすた問題を解こう。

12:30までがんばる。

ここでトーストを食べる。

学習5 会場に行くまでが勉強です!

13:00

会場に向かう。

スマホで翻訳をするのはしんどいので、タブレットで読みます。

ただ、結局Twitter見てしまった・・・・。

無念。

少し早いがそのまま会場へ。

会場は銀座CBTS歌舞伎座テストセンター

imgh

会場に30分早くついたものの、みんな勉強している!!

ということで最後の確認をします。

最後の確認もJayendra’s兄貴のブログ。

今度は最後の方の

Went through a lot of Whitepapers especially the

を見ろ!

受験

ロボットのように解ける問題を増やしたおかげで、時間には余裕があり考える問題も図を書きながら丁寧に答えることが出来ました。

合格!

やったぜ。

ただし、こんなゴミみたいな受験をしてお世辞にもプロとはいえない。

そこは反省しております。

˚