tubone

tubone

Boyaki makes a new world


 Recent posts  6 / 56

NovDecJanFebMarハロウィーンはえちえちでチンパンジーなイベントじゃない。GitHubと向き合うイベントだ昔ながらのラーメンたべたい珠玉の一杯。たくさん残業した日はこのラーメンを食べろ!docoptはNimでも使えたのお話GitHubに草を生やし続け90日が経ったので感想を書くGoでAWS Lambdaを動かして、GitHubAPIv4(GraphQL)を叩いてみた感想Hadoopゾウさんについて本気出して考えてみたNuxt.jsでparticles-bg-vueを使うNuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast編)くろおびらーめん with チャーシュー飯Nuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast Global Option編)Nuxt.js + Composition APIでVuexのStateをReactiveに使う方法【初学者】Juliaを使って円周率を求める初めてプログラミングをした時のゴミソース見つけた面倒なことはPythonにやらせよう@GitHub API v4を使ったリリース実績取得Gatsby.jsで作ったブログに読み終わるまで○○分を追加した話Blog用に新しいLogo作った話今年1年を振り返ってGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査するGatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会AWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するElixirでパラレルな負荷試験ツールを作るNEW GAME!から見る新入社員の心得その1NEW GAME!から見る新入社員の心得その2MonWedFri
NEW GAME!から見る新入社員の心得その2NEW GAME!から見る新入社員の心得その1Elixirでパラレルな負荷試験ツールを作るAWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会Gatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させる


 SearchBox

Search your interesting by Algolia in this blog.


 All 149 Tags

ぼやき 20JavaScript 12GitHub 7ラーメン 6Vue.js 6TypeScript 6デブ活 5Nuxt.js 4React 3Serverspec 3Auto Provisioning 3Ansible 3Mac 3AWS 3自動テスト 3Gatsby.js 3Python 3GitHub Action 2toast 2ChromeDriver 2CompositionAPI 2Netlify 2Go 2Lambda 2GraphQL 2Write Code Every Day 2Chainer 2NEW GAME! 2新入社員 2アニメ 2機械学習 2Sentry 1監視 1草 1weed 1CI 1Netlify Form 1健康 1Contact Form 1Travis 1天下一品 1腰痛 1Gatsby 1E2E Test 1Selenium 1GoogleChrome 1Azure Devops Build Pipeline 1netatmo 1台風 1IoT 1センシング 1Google Apps Script 1API FLASH 1SlackAPI 1Clasp 1Headless CMS 1Jest 1Unit Test 1Slack 1Stamp 1ハロウィーン 1昆布 1Hadoop 1ゾウ 1Googleデータポータル 1AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル 1資格 1勉強法 1BI 1particles-bg-vue 1particle 1Proton 1particles.js 1Google Analytics 1仮想化 1チャーシュー飯 1ギター 1DTM 1エフェクター 1ATELIERZ 1Caparison 1VOCALOID 1かわいい 1恐竜時代 1ことり隊 1早稲田 1Estimated Reading Time 1あと何分 1Logo 1SVG 1E2Eテスト 1Nightwatch.js 1JSON Resume 1GitHub Pages 1Resume 1CV 1Nim 1docopt 1CLI 1Hyper-v 1metasploitable 1powerShell 1test 1particle.js 1RNN 1LSTM 1Chat BOT 1アイマス 1デレマス 1modules 1Julia 1円周率 1初心者 1The Gauss–Legendre algorithm 1Leibniz formula for π 1GitHub API v4 1リリース実績 1Server 1Seti@Home 1Frontend 1Web Developer Roadmap 2020 1Elixir 1Load Test 1X-Ray 1Datadog 1APM 1Zabbix 1Elasticsearch 1forecast 1GitPitch 1GitHub Badges 1Azusa Colors 1Echo 1Jaeger 1ボトルネック調査 1振り返り 1ひなこのーと 1Deep Learing 1OpenCV 1GitHubAction 1CNN 1分類学習 1顔認識 1Composition API 1Vuex 1ストアパターン 1React Calendar Heatmap 1R言語 1kddcup99 1
この記事は62文字約0.3分で読めます

(この記事は過去ブログ転載記事です)

余らせているPC、スマホありますか?

ありますあります(食い気味)

眠らせておくのももったいなかったのでSETI@homeに登録し、宇宙人発見に貢献しようかと思いました。

Table of Contents

SETI@homeとは?

SETI@home(セティアットホーム)はインターネット接続されたコンピュータ群を使うボランティア・コンピューティングプロジェクトで、アメリカ合衆国のカリフォルニア大学バークレー校Space Sciences Laboratoryが運営している。

SETI は "Search for Extra-Terrestrial Intelligence"(地球外知的生命体探査)の略で、SETI@homeはSETIの一部である。SETI@homeは1999年5月17日に一般公開された フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇宙からきた電波を解析して宇宙人を探そうというそういうことですな。

ちなみに、筆者は都市伝説が大好物なのでSETI@homeはいい栄養ドリンクになりそうです。

igm

BOINCを使って環境を手軽に構築する

アカウントの作成

下記サイトからSETI@homeプロジェクトに登録します。

https://setiathome.berkeley.edu/

こんな感じでアカウントを作成します。

img

BOINCのインストール

使っていないPCやAndroidの端末を用意したら、BOINCのインストールをします。

https://boinc.berkeley.edu/download.php

↑のページからBOINCをダウンロードしましょう。Windows, Mac, Linux, Android多種多様あります。

BOINC Managerの動作と実績

インストールされるとこんな感じでタスクをインターネット上からダウンロードし、分散コンピューティングで計算します。

img

GPUのあるPCだと、設定によってはGPUも使ってごりごり計算します。

計算の単位は、タスクとして分割されタスクの計算が終了するとインターネット上に結果を送信し検証され、検証OKとなると個々の功績値としてカウントされます。タスクごとの功績値はタスクの難しさによって変わります。

また、一つ一つのタスクをグラフィックとして表示することも出来ます。

img

今回とってきたタスクには雑音しか入っていなかったぽいですね。

宇宙人発見の功績はいかに?

気になる筆者の功績はいかに?

こんなもんです。

img

しばらく動かすので功績は増えていくと思います。

˚