tubone

tubone

Boyaki makes a new world


 Recent posts  6 / 77

MayJunJulAugSepJetson Nanoを触る報告 ~立派なタワーPCみたいだろ? 小型なんだぜ?~tiny_yolov2_onnx_camを使って物体検知するJetson nano + SainSmart IMX219でアニメ風自撮り動画を作るStyleGANとStyleGAN2を使って美少女キャラを無限増殖させるRaspberry PIを使って植物の水やり監視システムを作る2020年のデスクトップはこれだ!かっこいいあつもりを始めてしまいましたクロスルート証明書について考えてみるReact Iframeを使ってPortfolioサイトにSoundCloudのメディアプレーヤーをつけるGitHub ProfileにREADMEをつけよう!Arctic Code Vault Contributorになったらしい4連休を使ってGASとLINE BOTとFirebaseを使ってラーメン食べたいBOTを作ってみたGitHub JavaScript Action で GitHub ReleaseのUpdate Releaseを作ってみた。MonWedFri
GitHub JavaScript Action で GitHub ReleaseのUpdate Releaseを作ってみた。4連休を使ってGASとLINE BOTとFirebaseを使ってラーメン食べたいBOTを作ってみたArctic Code Vault ContributorになったらしいGitHub ProfileにREADMEをつけよう!React Iframeを使ってPortfolioサイトにSoundCloudのメディアプレーヤーをつけるクロスルート証明書について考えてみる


 WordCloud

wordCloud

 SearchBox

Search your interesting by Algolia in this blog.


この記事は123文字約7分で読めます

Goの勉強をしておかないと社内でニートになってしまうので、お勉強を兼ねてGoのWebフレームワークのEchoを使ったアプリケーションを作成中です。

その中でボトルネック調査をする必要があったので、Opentracing形式のトレースアプリケーションであるJaegerをローカル環境で使ってみたいと思います。

Table of Contents

そもそもEchoとは?

img

EchoとはGoのWAF(Web Framework)です。

特徴として公式によると、High performanceextensibleminimalistGo web frameworkだそうです。

よくわかりませんね。ちょっと特徴を洗い出してみます。

はやい

Goの中でもパフォーマンスがいいと言われているGinに比べても十分な速度がでていることが公式のGitHubにのってました。

img

Ginより早いならEcho使っておけばええんや!と思いますが、

GitHubレポジトリのスター数はEchoは16.1k, Ginは34.4kとGinの方が人気なのは間違いありませんので、プロジェクトによって見極める必要はありそうです。

また、Goの場合は標準のnet/httpライブラリがそこそこ優秀なので簡単なAPI作成であればWAF不要論もあります。

公式ドキュメントが優秀

Echoの場合、Ginに比べて公式のドキュメントが充実しているような気がしました。気のせいかもしれません。

Ginの方はドキュメントにDISQUSのコメント欄があります。これはいいアイディアですね。

Echoの公式ドキュメント

Ginの公式ドキュメント

さて、Echoがいいという話はこんなところにして早速jaegerの実装してみます。

jaegerとは?

jeagerUber Technologies Inc.OSSとして公開した分散トレーシングシステムです。

img

マイクロサービスなアーキテクチャを横串で監視できる強みとGo, Java, Node, Python, C++ でクライアントが提供されていることが魅力です。

また、トレーシングの結果収集もOpenTracingとしてドキュメントがありますので、別言語にも移植できそうです。

(Nimに移植しますかね・・・。)

ともかく、かっこいいですね。今回はマイクロサービスな作り方をしていないので、そこまでかっこよくはなりませんが、さっそく使っていきましょう!

jaeger tracing

Jaegerの実装と関係ないコードは省いてます。

まずは、main.go エントリーポイントから

// main.go

package main

import (
	"github.com/labstack/echo/v4"
	"github.com/tubone24/what-is-your-color/handler"
	"github.com/labstack/echo-contrib/jaegertracing"
)

func main() {
	e := echo.New()
	c := jaegertracing.New(e, nil)
	defer c.Close()

	e.GET("/get/:username", handler.GetColor())

	log.Fatal(e.Start(":9090"))
}

echo.New()したあとに、echo-contribで提供されているjaegerteacingを呼びます。

これだけで、各APIの呼び出しをrouterごとに記録することができるようになっています。 簡単ですね!便利ですね!

child spanを記録する

さらにAPI内部の動き、例えばDBの書き込みスピードなどを計測する場合にはchild spanという機能を使うことで実現できます。

/get/:usernameというAPIのハンドラーを見てみます。

package handler

import (
	"github.com/labstack/echo-contrib/jaegertracing"
	"github.com/labstack/echo/v4"
	"net/http"

	"github.com/tubone24/what-is-your-color/api"
)

func GetColor() echo.HandlerFunc {
	return func(c echo.Context) error {
		username := c.Param("username")
		github := &api.GitHub{Client: &api.GithubClientImpl{}}
		sp := jaegertracing.CreateChildSpan(c, "Call API")
		defer sp.Finish()
		sp.SetBaggageItem("Func", "GetColor")
		sp.SetTag("Func", "GetColor")
		err, langs := github.DoGetColor(username)
		if err != nil {
			return echo.NewHTTPError(http.StatusInternalServerError, "Internal Error")
		}
		return c.JSON(http.StatusOK, langs)
	}
}

このコード例では、GitHubのAPIからの結果をgithub.DoGetColor(username) で取得していますが、手前でCreateChildSpan でchildspanを指定してます。

jaegerで結果を見る

jaegerを起動します。起動には公式ドキュメントにのっているall-in-one dockerを使います。(あらかじめDockerコンテナが動く環境を作っておきます。)

docker run -d --name jaeger \
  -e COLLECTOR_ZIPKIN_HTTP_PORT=9411 \
  -p 5775:5775/udp \
  -p 6831:6831/udp \
  -p 6832:6832/udp \
  -p 5778:5778 \
  -p 16686:16686 \
  -p 14268:14268 \
  -p 9411:9411 \
  jaegertracing/all-in-one:1.9

不要な開放ポートがありますが、めんどくさいのでドキュメントそのままです。

起動すると、jaegerUIがhttp://localhost:16686/で立ち上がります。

先程作ったEchoサーバも立ち上げます。

go run main.go

APIをコールしてみるとTracingされているのがわかります。

img

/get/:usernameというAPIのコールも出ています。

img

こまかく見ていきますと、:username はpath parameterなのですが、APIコール時にtubone24というユーザ名を設定しコールしたことがわかります。

1.04sかかってますね・・・。

img

また、childspanも無事記録してます。

img

img

どうやらバックエンド(GitHub)へのコールはそこまで0.48msとそこまで遅くはないみたいです。

別のところにボトルネックがあるんですかね・・。

結論

jaegerでトレーシングが簡単にできましたが、ボトルネック発見は難しいということがよくわかりました。

˚