Hyper-vでも仮想マシンしたい

セキュリティのテストやトレーニング用に意図的に脆弱性を作った仮想マシン Metasploitable はVirtualBox用のVMですが、Hyper-vに入れてみます。

ダウンロード

sourceforgeからMetasploitableをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを展開するとVMDKファイルがありますので、これをHyper-vのディスクフォーマットVHDXにしていきます。

Img

Microsoft Virtual Machine Converterをダウンロードする

Microsoft Virtual Machine Converterを使えば、VirtualboxのディスクフォーマットファイルをHyper-vのフォーマットに変換することができます。

MVMC

MSIをダウンロードしてインストールします。

Img

Powershellを使って変換する

MVMCをインストールしたらPowershellを使って変換します。

Powershellを管理者モードで開きます。

Img

下記コマンドを打ち、変換します。

import-module "C:\Program Files\Microsoft Virtual Machine Converter\MvmcCmdlet.psd1"
 
ConvertTo-MvmcVirtualHardDisk -SourceLiteralPath "xxxx.vmdk" -DestinationLiteralPath "xxxx.vhdx" -VhdFormat Vhdx

しばらく待つと、vhdxファイルができます。

Hyper-vで仮想マシンを作る

仮想マシンを作る方法は普通のHyper-vの仮想マシンを作る方法と同じです。

仮想マシンのディスクを選択するところで、既存の仮想ハードディスクを使用するを選択し、先ほど作ったvhdxファイルを選択します。

Img

起動する

Metasploitableを起動します。

無事起動できました!

Img