tubone

tubone

Boyaki makes a new world


 Recent posts  6 / 53

SepOctNovDecJanオムロン HV-F312で腰の痛みをなくすGithub Actionを使って、簡単CIを作ってみるChromeDriverがGoogleChrome v76 に対応していないらしい。Googleデータポータルを触ってみるHyper-vにMetasploitableの仮想マシンを立ててみるNightwatch.jsでE2Eテストを回したときにうまく動かないたった一つの理由particles.jsをVue.jsで使ってかっこいいページを作るGitPitchを使ってMarkdownからプレゼンテーションを作ってBadgeをレポジトリに貼るSentryを使ってフロントエンドのエラーを確認するJSON Resume + API With GitHubを使って、さくっと職務経歴書チックなもののAPIなど作ってみるGitHubに30日間草を生やし続けた感想Netlify Formを使って、簡易Contact Formを作ってみる10/1は天下一品の日Ansible + Serverspecを使ってMacの環境構築を自動でする (Ansible編)Ansible + Serverspecを使ってMacの環境構築を自動でする (Serverspec編)今日のラーメン台風の時の我が家のセンサー(netatmo)の値をZabbixで見る究極の謝罪はSlackのスタンプを活用しよう! ~明日から使えるSlackスタンプスニペット集~ハロウィーンはえちえちでチンパンジーなイベントじゃない。GitHubと向き合うイベントだ昔ながらのラーメンたべたい珠玉の一杯。たくさん残業した日はこのラーメンを食べろ!docoptはNimでも使えたのお話GitHubに草を生やし続け90日が経ったので感想を書くGoでAWS Lambdaを動かして、GitHubAPIv4(GraphQL)を叩いてみた感想Hadoopゾウさんについて本気出して考えてみたNuxt.jsでparticles-bg-vueを使うNuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast編)くろおびらーめん with チャーシュー飯Nuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast Global Option編)Nuxt.js + Composition APIでVuexのStateをReactiveに使う方法【初学者】Juliaを使って円周率を求める初めてプログラミングをした時のゴミソース見つけた面倒なことはPythonにやらせよう@GitHub API v4を使ったリリース実績取得Gatsby.jsで作ったブログに読み終わるまで○○分を追加した話Google広告設定でみる属性情報であなたをもっと知ろう!Blog用に新しいLogo作った話今年1年を振り返ってGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査するGatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会AWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するElixirでパラレルな負荷試験ツールを作るMonWedFri
Elixirでパラレルな負荷試験ツールを作るAWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会Gatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査する今年1年を振り返って


 SearchBox

Search your interesting by Algolia in this blog.


 All 145 Tags

ぼやき 19JavaScript 12GitHub 7Vue.js 6TypeScript 6ラーメン 6デブ活 5Nuxt.js 4React 3Gatsby.js 3Auto Provisioning 3Serverspec 3Mac 3AWS 3自動テスト 3Python 3Ansible 3GitHub Action 2Go 2Lambda 2ChromeDriver 2GraphQL 2Netlify 2toast 2Chainer 2Write Code Every Day 2CompositionAPI 2Nim 1particle.js 1JSON Resume 1GitHub Pages 1Resume 1CV 1GitHubAction 1Sentry 1監視 1 1weed 1CI 1GitPitch 1GitHub Badges 1Azusa Colors 1Travis 1天下一品 1E2E Test 1Netlify Form 1Selenium 1Contact Form 1GoogleChrome 1Gatsby 1Googleデータポータル 1BI 1Azure Devops Build Pipeline 1netatmo 1台風 1IoT 1センシング 1Google Apps Script 1API FLASH 1SlackAPI 1Clasp 1Google Analytics 1Jest 1Unit Test 1Slack 1Stamp 1ハロウィーン 1昆布 1健康 1Headless CMS 1腰痛 1仮想化 1Hyper-v 1docopt 1CLI 1Hadoop 1ゾウ 1metasploitable 1powerShell 1RNN 1LSTM 1Chat BOT 1アイマス 1デレマス 1ひなこのーと 1Deep Learing 1OpenCV 1機械学習 1CNN 1分類学習 1顔認識 1AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル 1資格 1勉強法 1E2Eテスト 1particles-bg-vue 1particle 1Proton 1particles.js 1Nightwatch.js 1test 1チャーシュー飯 1modules 1Composition API 1Vuex 1ストアパターン 1Julia 1円周率 1初心者 1The Gauss–Legendre algorithm 1Leibniz formula for π 1ギター 1DTM 1エフェクター 1ATELIERZ 1Caparison 1VOCALOID 1かわいい 1恐竜時代 1ことり隊 1早稲田 1GitHub API v4 1リリース実績 1Estimated Reading Time 1あと何分 1Logo 1SVG 1Server 1Seti@Home 1Google広告設定 1Google 1属性情報 1Persolal Data 1振り返り 1Echo 1Jaeger 1ボトルネック調査 1React Calendar Heatmap 1Frontend 1Web Developer Roadmap 2020 1Elixir 1Load Test 1X-Ray 1Datadog 1APM 1
この記事は112文字0.6で読めます

一年の締めくくりなので、振り返ります。

締まりのないグダグダな文章です。

Table of Contents

やったこと

フロントエンド技術の習得

思えば、1年前の年末年始にフロントエンド技術を少しくらい学ばないとさすがに食いっぱぐれると思い、Vue.jsをお勉強したのが始まりでした。

やり始めた当初はまさにお正月でしたが、Vueの公式サイトを片手になんとなく実装していくのですが、よくわかんない挙動が多く、あくせくしたのを覚えています。

それまでは、Pythonでの開発しかしてこなかった私ですが、ちゃんとJavaScriptと向き合い、1年を通して、実装感覚がわかってくるまでに成長することができたと思います。

正直、フロントエンドの勉強は食わず嫌いだったこともあり、初めて見ると結構面白く気がつけば、このブログやポートフォリオもJavaScript(React)だったり、ebookhomebrewをTypeScript(Nuxt.js)で実装してみたり、TypeScriptでGoogle Apps Scriptを書いたりと、そこそこにフロントエンドもかけるようになりました。

フロントエンド技術への抵抗感は完全になくなりました。

EbookHomebrew

ebookhomebrew

Blog

blog

Portfolio Site

portfolio

たくさんつくったなぁ・・・。

テストコードの鬼になった & CIの鬼になった

開発者として崖っぷちだったこともあり、なにか特殊技能をと思い、ひたすらテストコードを書いた1年でした。

テストコードは書くことが全てじゃないとは思いますが、様々なテストパターンにおいて深くテストコードと向き合うことができたのは大きかったと思います。

初学者に多い、テストコードのスコープがでかすぎる問題も経験しながら適切なテストコードの実装に奔走しました。

Unitテストに代表される小さなテストから、Integrationテスト、E2Eテストまで一通り書ききることができた1年でした。

自動テストにも抵抗感はなくなった1年だと思います。

また、CIにもこだわることができました。

様々なCIを自ら試すことで特製や良し悪しを見抜く力と、CIに落とすスピードが格段に早くなった気がします。

AWSの分析チュートリアル作成

もはや本業で開発者クビみたいな扱いを受け続けていたので土日を返上して、AWSで作る分析チュートリアルを作りました。

会社では不遇な扱われ方しかしなかった本コンテンツですが、ありがたいことに別の発表の機会などでぼちぼち公開してそこそこためになったとのお声をいただきました。

本当にありがとうございました。

Seleniumとたくさん戯れる

SeleniumでE2Eテストの作成だけでなく、Webクローラーを実装しました。

機械学習のネタになりそうと思って取り組みましたが、案外いい感じで仕上がりました。

新しい言語に挑戦

上記に記載のJavaScript, TypeScriptの他色々な言語にチャレンジできました。

常に挑戦し続ける姿勢が大切ですね。もっと挑戦すればよかったです。

  • Rust
  • Go
  • Nim
  • Dart(Flutter)
  • Kotlin(Android Wear)
  • Julia

ChainerでCGGANを触った

Chainerを使ってCGGANを実装し、アニメ美少女を作るモデルを作りました。

Kerasに入門

KerasでDQNを触りました。

有名なブロック崩しを1週間くらい回しました。もうやらないと思います。

img

LT発表

GitHub Badgesとかいうマニアックテーマでも笑ってくれた人、感謝です。

AWS Summit Tokyo2019登壇

しょーもないことで登壇させていただきましたが、非常に楽しかったです。

あと、すごいギャグがスベりました。

もっとやればよかったこと

Electron

やろうやろうと思って結局やれませんでした。

PWAで作ることを覚えてしまい、Webでいいじゃんアゼルバイジャンとなってしまったのも原因のひとつです。

Flutter

アプリは一通り作ることができるようになりましたが、Flutterならではのツラミに多々ぶつかってしまい、Kotlin, Swiftで作ればいいじゃんアゼルバイジャンとなってしまったのが原因です。

来年はFlutterにこだわらず、KotlinとSwiftでちゃんとしたアプリ作ります。

本を読む

あまり読みませんでした・・・。

アニメを見る

あまり見ませんでした・・・。

曲を作る

かれこれ3年くらい作っていないと思います。

ボツ作品は山程HDDにあるんですけどね・・。

結論

良いお年を〰

img

˚