tubone

tubone

Boyaki makes a new world


 Recent posts  6 / 53

SepOctNovDecJanオムロン HV-F312で腰の痛みをなくすGithub Actionを使って、簡単CIを作ってみるChromeDriverがGoogleChrome v76 に対応していないらしい。Googleデータポータルを触ってみるHyper-vにMetasploitableの仮想マシンを立ててみるNightwatch.jsでE2Eテストを回したときにうまく動かないたった一つの理由particles.jsをVue.jsで使ってかっこいいページを作るGitPitchを使ってMarkdownからプレゼンテーションを作ってBadgeをレポジトリに貼るSentryを使ってフロントエンドのエラーを確認するJSON Resume + API With GitHubを使って、さくっと職務経歴書チックなもののAPIなど作ってみるGitHubに30日間草を生やし続けた感想Netlify Formを使って、簡易Contact Formを作ってみる10/1は天下一品の日Ansible + Serverspecを使ってMacの環境構築を自動でする (Ansible編)Ansible + Serverspecを使ってMacの環境構築を自動でする (Serverspec編)今日のラーメン台風の時の我が家のセンサー(netatmo)の値をZabbixで見る究極の謝罪はSlackのスタンプを活用しよう! ~明日から使えるSlackスタンプスニペット集~ハロウィーンはえちえちでチンパンジーなイベントじゃない。GitHubと向き合うイベントだ昔ながらのラーメンたべたい珠玉の一杯。たくさん残業した日はこのラーメンを食べろ!docoptはNimでも使えたのお話GitHubに草を生やし続け90日が経ったので感想を書くGoでAWS Lambdaを動かして、GitHubAPIv4(GraphQL)を叩いてみた感想Hadoopゾウさんについて本気出して考えてみたNuxt.jsでparticles-bg-vueを使うNuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast編)くろおびらーめん with チャーシュー飯Nuxt.jsのmodulesをCompositionAPIで使ってみる(@nuxtjs/toast Global Option編)Nuxt.js + Composition APIでVuexのStateをReactiveに使う方法【初学者】Juliaを使って円周率を求める初めてプログラミングをした時のゴミソース見つけた面倒なことはPythonにやらせよう@GitHub API v4を使ったリリース実績取得Gatsby.jsで作ったブログに読み終わるまで○○分を追加した話Google広告設定でみる属性情報であなたをもっと知ろう!Blog用に新しいLogo作った話今年1年を振り返ってGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査するGatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会AWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するElixirでパラレルな負荷試験ツールを作るMonWedFri
Elixirでパラレルな負荷試験ツールを作るAWS X-RayでLambdaのトレースをしつつ、Datadog APMに連携するWeb Developer Roadmap 2020を眺めながら今年の目標(Frontend)をだらだら考えるの会Gatsby.jsで作ったBlogの投稿をGitHubの草にして表示させるGoのEchoでJaegerを使ってボトルネックを調査する今年1年を振り返って


 SearchBox

Search your interesting by Algolia in this blog.


 All 145 Tags

ぼやき 19JavaScript 12GitHub 7Vue.js 6TypeScript 6ラーメン 6デブ活 5Nuxt.js 4React 3Gatsby.js 3Auto Provisioning 3Serverspec 3Mac 3AWS 3自動テスト 3Python 3Ansible 3GitHub Action 2Go 2Lambda 2ChromeDriver 2GraphQL 2Netlify 2toast 2Chainer 2Write Code Every Day 2CompositionAPI 2Nim 1particle.js 1JSON Resume 1GitHub Pages 1Resume 1CV 1GitHubAction 1Sentry 1監視 1 1weed 1CI 1GitPitch 1GitHub Badges 1Azusa Colors 1Travis 1天下一品 1E2E Test 1Netlify Form 1Selenium 1Contact Form 1GoogleChrome 1Gatsby 1Googleデータポータル 1BI 1Azure Devops Build Pipeline 1netatmo 1台風 1IoT 1センシング 1Google Apps Script 1API FLASH 1SlackAPI 1Clasp 1Google Analytics 1Jest 1Unit Test 1Slack 1Stamp 1ハロウィーン 1昆布 1健康 1Headless CMS 1腰痛 1仮想化 1Hyper-v 1docopt 1CLI 1Hadoop 1ゾウ 1metasploitable 1powerShell 1RNN 1LSTM 1Chat BOT 1アイマス 1デレマス 1ひなこのーと 1Deep Learing 1OpenCV 1機械学習 1CNN 1分類学習 1顔認識 1AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル 1資格 1勉強法 1E2Eテスト 1particles-bg-vue 1particle 1Proton 1particles.js 1Nightwatch.js 1test 1チャーシュー飯 1modules 1Composition API 1Vuex 1ストアパターン 1Julia 1円周率 1初心者 1The Gauss–Legendre algorithm 1Leibniz formula for π 1ギター 1DTM 1エフェクター 1ATELIERZ 1Caparison 1VOCALOID 1かわいい 1恐竜時代 1ことり隊 1早稲田 1GitHub API v4 1リリース実績 1Estimated Reading Time 1あと何分 1Logo 1SVG 1Server 1Seti@Home 1Google広告設定 1Google 1属性情報 1Persolal Data 1振り返り 1Echo 1Jaeger 1ボトルネック調査 1React Calendar Heatmap 1Frontend 1Web Developer Roadmap 2020 1Elixir 1Load Test 1X-Ray 1Datadog 1APM 1
この記事は119文字0.6で読めます

Developer Roadmap 2020が公開されましたので、眺めながら今年の目標をぼやきます。

img

量が多いのでとりあえずFrontendから。

Table of Contents

2020のRoadmap Frontendの特徴

Web Developer Roadmap 2020版が出ていたので2019版と比較でご紹介があるとおり、今回のRoadmapはフロントエンドの変化が大きかったと思います。

まぁ、フロントエンド技術はラットレースとか言われてますよね。

(失礼な表現だと思いますが、そう揶揄されるだけの技術の陳腐化が早い側面は間違いなくあると思います。)

さて、今年は何を勉強しますかね?

React

React勉強しておけばええんやで~感すごいっすね。

VueやAngularもオプションとしてはあるみたいですが、初学者はReactでええと。

個人的にはVueはComposition APIが正式採用されるまで新しい技術の修得は待ちかと思ってますが、日本では一休.comさんがNuxt.jsを採用したこともあり、Nuxt.jsのイケイケ度が上がっている気がします。

Vue.js・Nuxt.jsを導入している企業・サービス一覧

すっごーい!Nuxt.jsが好きなフレンズなんだね!

img

(なぜ今、2020年にけものフレンズなのか、それは私にもわからない。思い出してしまったので・・・。)

しかしながらNuxt.js人気は世界を見通したらNext.jsと比べるとでもないというのが下記リンクから読みとれます。

Back End Frameworks JavaScript on the server.

小規模案件はVue、大規模案件はReact、なんて分け方はもはや古いのかもしれませんね。

Angularは触ったことがないのでよくわかりません…。

とりあえずReact勉強します。

Reduxも健在ですが、Hooksのほうが私は好きです。

TypeScript

ReactといえばTypeScript、と田舎のおばあちゃんも言うくらい、TypeScriptが来てます。

TypeScriptの恩恵が受けたいからReactという人もたくさんいるくらいです。

VueでTypeScriptってデコレーターバンバカでなんちゃって感ありますから、こちらもComposition APIの正式採用まで導入は控えてもいいかもです。

Flow

FlowなんてFacebookさん以外使ってるのみたことないので非推奨はまぁそうなのかもしれません。

Proptypes

Reactで型チェックといえばProptypesと田舎のおばあちゃんが言ってた時代もありましたが、そんなもの使ってると都会っ子に笑われるぞ!

ちなみにこのブログはJS&Proptypesです。ゴミカスです。

Web Security Knowledge

今年からの追加らしいです。

フロントエンドのエンジニアたるもの、当たり前ですよね!?

といいながら案外詳しくない人も多いのも実状。

インフラエンジニア上がりの私的には知ってて当然、なんですがセキュリティに限らずサーバー技術やネットワークに弱いエンジニアは多い気がします。

昔、BBSとかにポップアップばっか出すへんなJS埋め込んだ遊びとか知らないんですかね…。

つくづくおじさんになったと感じます。

CSS in JS

こちらも流行っていますねー。

Styled Componentsが個人的にはおすすめだと思ってますが、ちゃんと触っていないのでここはほとんど未知の領域です。

BEMでSassがスタイルの王道だと思っているおじさんはいまでもSassです。このブログもそうです。

ブログからStyled Componentsに切り替えますかね・・。

(CSSはCSSで分かれていたほうがわかりやすいと思うのは私だけでしょうか・・・。)

Web Components

こちらも完全未知領域です。

そもそもどんな技術かもよくわかってません。勉強不足です。

CSS Framework

Tailwind CSSは気になってましたが触ったことないです。流行ると思ってましたがオプションになっていました。

Material UIは別のフロントエンジニアとお話ししたときに、めっちゃ言っていたのでこれで作ってみるかな?

ちなみにこのブログはBootstrapでできてます。古参な技術ですがなんだかんだこれなんだよなぁ感あり。

Bulmaは個人的に好き。

SSR

やっぱジャイアンツ Next.js

Reactの進行は止められない!?

まぁ、SSR自体には私懐疑的なので勉強しませんがね。

(SEOに役立つといわれているがGoogleのボットJS読めますし)

SSRは必要?Javascriptで構築したSPAサイトのSEOを考える

Static Site Generators

来ました!!Gatsby.js!!このブログの技術です!!

引き続き勉強します!!!

Vuepressもドキュメントサイトを作るなら個人的にはおすすめです。

結論

今年はフロント技術は以下を学びます!!

  • Reactをしっかり理解する
  • Reduxはちょっと否定派なので嗜み程度でHookで実装する
  • CSS Frameworkは勉強する
  • Styled componentsを使いこなせるようになる
˚